2010年01月26日

30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策−文科省(時事通信)

 都道府県立高校の2010年度一般入試で、30道府県の教育委員会が新型インフルエンザ対策として追試験を行う予定であることが26日、文部科学省のまとめで分かった。また、全47教委が発熱、せきなどの症状がある受験生に、別室で受けさせる準備をしている。
 同省は15日時点の対応方針を集計。追試以外の特例措置として、(1)インフルエンザのような症状で受験できなかった志願者には、面接などで試験を代替する(2)前期日程で欠席者が多ければ合格者を減らし、後期の募集人数を増やす−などの対応を決めた教委もあった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で
追試実施は見送り=「インフル患者減少」

パチンコ攻略「梁山泊」脱税4億超、創設者ら逮捕(読売新聞)
<核燃再処理工場>稼働凍結求める10万人署名 首相に提出(毎日新聞)
「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)
不安定さが健康へ? ウオーキングシューズが静かな人気(産経新聞)
岩手県知事が東京地検批判(産経新聞)
posted by dslgxchr4f at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。