2010年05月27日

地裁敷地で焼身自殺図る=高齢男性が重傷―神戸(時事通信)

 25日午後7時半ごろ、神戸市中央区の神戸地裁の正面玄関前で、「男性が燃えている」と地裁に来た警察官が110番した。男性は神戸市の病院に搬送されたが重体。火は地裁職員3人が消火器で消し止めた。
 兵庫県警生田署などによると、三田市に住む85歳の男性とみられ、焼身自殺を図ったとみて、身元の確認とともに詳しい経緯を調べている。
 男性は上半身中心にやけどを負っており、現場はガソリンのにおいが残っており、近くにガソリンを入れたとみられるペットボトルが落ちていた。「裁判官が気に入らないから火を付けた」と病院に搬送された際などに話していたという。 

【関連ニュース】
男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体

糖尿病治療題材に寸劇 医師らの本音、黒子が代弁(産経新聞)
<八街殺人放火>強殺容疑で父娘を送検…千葉県警(毎日新聞)
がんワクチン療法 「高度医療」に認定 第4の治療法、高まる期待(産経新聞)
メンバー・日程、非公表 朝鮮学校無償化検討会議、異例の対応に(産経新聞)
今春の花粉、昨春の5分の1 東京(産経新聞)
posted by dslgxchr4f at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。